2022年度活動報告
■第57回富山県生活協同組合連合会通常総会開催


 
◇月日 6月27日(月)

◇会場  ボルファートとやま

◇代議員 34名(実出席19名、委任0名、

書面議決15名)

総会では2021年度の活動報告・決算関係・監査報告、及び2022年度の活動計画及び予算、定款一部変更、役員選任、役員報酬決定の件が、順次各理事より提案されました。提案後、全ての議案が賛成多数で可決成立しました。

第1回理事会後、三役等新たな体制が決まり挨拶がありました。

更新

■第28回海岸クリーン作戦


 
◇月日 6月19日(日)

◇会場 富山市八重津浜、射水市六渡寺海岸

◇参加者 511名

(内生協より338名、生協以外より9団体173名)

SDGsの目標14.「海の豊かさを守ろう」の取り組みとして、今年28回目が開催されました。

総勢511名が参加し、八重津浜では687kgのゴミを回収しました。

また、マイクロプラスチック調査も行い、マイクロプラスチックの実態を把握しました。

参加者からは、「子どもたちも楽しくごみを拾えて環境についても考える機会となって良かった」、「マイクロプラスチックの調査でいろんな種類のゴミがあり、勉強になった」という声が聞かれました。

 

更新

■アースデイとやま2022


主催:アースデイとやま実行委員会 協賛:富山県生活協同組合連合会
◇月日 6月5日(日)

◇会場 富山市ファミリーパーク

市民が集まり、企画運営してつくり上げる環境啓発行事「アースデイとやま」は今年31年目を迎え、「止めよう温暖化、今、わたしたちにできること」をテーマに開催されました。

市民団体のワークショップや活動展示、ナチュラルマーケット、スローフード屋台、リサイクルマーケットがあり、音楽ライブやトークショーが行われ、生協連から若林専務もトークにゲスト参加しました。とやま生協がブース出展し、環境活動を紹介しました。

更新

■環境学習会


 
◇月日 6月3日(金)

◇会場 ボルファートとやま「瑪瑙の間」

◇参加者 33名

◇講演 公益財団法人 環日本海環境協力センター

調査研究部長 森 友子 氏

「富山湾の海洋ごみの現状について

~マイクロプラスチックを中心に~」

毎年6月に開催している「海岸クリーン作戦」の事前学習として開催しました。

海洋ごみ問題としてマイクロプラスチックについてや、富山湾の海岸の状況、ごみを減らすために私たちができることを講演いただき、マイクロプラスチック調査体験もしました。

更新

■枚方市立招提北中学校SDGs探究学習会


 
◇月日 5月19日(木)

◇会場 ボルファートとやま「803号室」

◇参加者 8名(内中学生7名)

中学校の総合学習の取り組みの一環として、大阪の枚方市より修学旅行で来県し、富山でSDGsに取り組んでいる企業や団体に取材学習を行う目的で訪問されました。若林専務よりエシカル消費やフードドライブ、マイクロプラスチック調査の取り組みについて説明を受け、学びを広げました。

更新

■アルプス処理水の海洋放出反対署名報告集会


主催 みやぎ生協・コープふくしま、宮城県漁連  宮城県生協連、福島県生協連 
◇月日 4月8日(金)

◇参加 WEB

◇参加者 約250名(内WEB148名)

みやぎ生協・コープふくしま、宮城県漁協、宮城県生協連、福島県生協連の4団体が呼びかけ人となって「アルプス処理水海洋放出に反対するオンライン署名」に取り組んでおり、その行動報告と、署名に取り組んでいる全国の団体との交流の場として開催されました。

更新

Copyright© 富山県生活協同組合連合会 , 2022 All Rights Reserved.