富山医療生活協同組合

2019年7月12日現在

http://www.toyama-hcoop.com/

 医療事業では、病院における経営改善とともに、地域連携のなかで入院・透析・在宅での地域の医療要求にしっかりと応え、大幅な増収増益となりました。介護事業では、有料老人ホームや看護小規模多機能型居宅介護の本格的運用とともに訪問看護・訪問介護の利用が増えました。また、総合事業としての通所介護サービスや地域住民を対象にした健康づくりの「きずな(事業所)サロン」の取組みも始めました。しかし、介護事業全体では増益となったものの赤字を克服できていません。制度的にも、診療報酬や介護報酬制度、介護職員処遇改善など一層の充実が求められます。法人全体では、事業費用が増収枠内に留まったこともあり、予算比220%、前年比3,347%の8,793万円の経常剰余となりました。
「健康チャレンジャー」参加者は、富山市教育委員会の「後援」も受けながら1,286名(目標1,500人)と増え、キッズチャレンジも、17の小学校や学童保育へ広がりました。また、富山市競輪場でもまちかど健康チェックに取り組み、地域まるごと健康づくりをすすめることができました。助け合いの取組みでは、「たすけっとクラブ」が自治体や諸団体とのつながりを深めるとともに、支部活動の強化や地域における生協への信頼も高める役割を果たしています。コープとやま組合員対象の説明会も開催しました。居場所づくりでは、自宅や公共のフリースペース、事業所等を活用して6ヶ所で多様な取組みが始まりました。協力してまちづくりを進めるための地域包括支援センターとの関わりでは、豊田地域4支部で懇談会が定例化し、高岡支部でも新たに2ヶ所を訪問しました。つながりマップも、豊田地域4支部と地元包括支援センターで、「くらしの情報誌」をもとに検討を始めています。
今後とも、組合員と地域住民の期待に応え、医療生協の総合力を活かした事業と運動を進めます。

 

設立 1963年1月1日
住所 富山市豊田町 1-1-8
電話 076-441-8351
形態 医療生協
理事長 与島明美
専務理事 石川丈夫
正規職員数 289名
定時職員数 231名

更新