サイトマップお問い合せホーム
消団連
生協連とは会員紹介イベント情報リンク集
 ホーム>富山県生協連活動報告 
活動報告インデックス
№20 04月30日発行
№19 03月31日発行
№18 03月26日発行
№17 03月12日発行
№16 03月03日発行
№15 02月20日発行
№14 01月31日発行
№13 11月25日発行
№12 11月20日発行
№11 11月15日発行
№10 10月31日発行
№9 10月17日発行
№8 10月07日発行
№7 09月06日発行
№6 09月01日発行
№5 08月29日発行
№4 08月07日発行
№3 08月01日発行
№2 07月29日発行
№1 06月18日発行

 平成26年4月29日更新
No20-2平成26年4月30日
■福島の子ども保養プロジェクトinとやま2014春(朝日町) 反省会

◇月日 4月24日(木)              
◇会場 なないろKAN
◇参加者 22名(内生協より9名)
 3月21~23日に開催した福島の子ども保養P企画の反省会を、協力・参加された方々と共に開きました。企画の実施内容・メディア掲載情報・参加者及びスタッフのアンケート結果・決算の報告と皆さんからの感想を聞き、意見交換をしました。今回の企画を活かして、より福島の皆さんの想いに沿った企画になるよう次回、夏の企画に向けて取り組みます。

PageTop
No20-1平成26年4月30日
■環境・平和学習会
   「核兵器ゼロの未来のために、いま学ぶ」
  ―2020年ビジョン達成にむけ、2015年NPT再検討会議への取り組み学習交流会―

◇月日  4月16日(水)               
◇会場 CO・OPとやま本部 2階組合員ホール
◇参加者 41名
◇講師 北野 進 氏
      石川県珠洲市市議会議員
    「3.11が突きつけた現実から核廃絶を
                     展望する」
    山田 浩史さん
      日本生協連組合員活動部
 「2015年NPT再検討会議にむけた取り組み」
富山県生協連では、昨年、核兵器廃絶に向けた学習講演会、「核兵器禁止条約早期実現を求める要請書」署名に取り組み6,011筆の署名を平和首長会議に提出しました。来年は被爆70周年、そしてNPT再検討会議が開催される節目の年です。生協連として、あらためて核兵器をめぐる情勢、2015年にむけた取り組みや展望などを学び、核兵器廃絶にむけて一人ひとりが出来ることを一緒に考えました。又、各生協からそれぞれの取組みも報告されました。

PageTop
No19-1平成26年3月31日
■「福島の子ども保養プロジェクトinとやま2014春
(朝日町)福島震災復興支援 親子リフレッシュ交流企画事業

 【主催 富山県生協連合会、共催 あさひふるさと体験推進協議会・
  福島の子ども保養プロジェクト、後援 富山県・朝日町
  ・NPO法人グリーンツーリズムとやま】
  [平成25年度NHK歳末たすけあい助成事業」

◇月日  3月21~23日(土)             
◇会場 朝日町内(宮崎鉱泉別館、ヒスイ海岸、
 夢創塾、宮崎カルチャーセンター、食彩あさひ、
 なないろKAN)
◇参加者 約80名(内 福島県内の7家族20名、
  県内生協47名、地元朝日町の皆さん等)
 富山県生協連と福島の子ども保養プロジェクト「コヨット」で、大地震や津波・原発事故によるストレスを解消してもらうため、昨年の夏8月企画に引き続き朝日町で行いました。はじまりの式で、生協連松浦会長理事・あさひふるさと体験推進協議会加藤会長より歓迎の挨拶、家族ごとに参加者の自己紹介と、各ご家族の担当県内生協スタッフと地元朝日町の皆さんの紹介をしました。オリエンテーションの後、悪天気で肌寒いので、予定を変え「宮崎カルチャーセンター」に移動し、石を竹と砂を使い摩擦の力で削ったり・穴をあけたりして自分だけの「勾玉作り」を体験しました。又、事前に拾ってあったヒスイ海岸の石ころに、思い思いの絵を書き込みました。夕食後は参加スタッフの皆さんとゲーム等交流し楽しみました。
 翌日は、「夢創塾」でブランコとヤギ・カモとのふれあい・雪山でのソリすべり・竹弓飛ばし・塩づくり等、里山で思いっきり楽しく遊んだ後、古代米・タラの芽天ぷら・具沢山味噌汁等美味しいランチを頂きました。午後から、宮崎カルチャーセンターにて「タラ」のさばき方を教えてもらい、包丁を持って挑戦しました。夕方には地元の方々とうすと杵で餅つきを体験し楽しく賑やかにすごしました。夕食には、魚さばき体験で作った魚料理や、地元の野菜・ご飯を満喫しました。
 最終日は、念願の「ヒスイ探し」。宿の前に広がる「ヒスイ海岸」にて、鑑定士さんと一緒に「ヒスイ」を探しました。朝食後「食彩あさひ」でバタバタ茶や草もち・みそかんぱの作り方を教えてもらい皆で思い思いに作り、お昼には地元の皆さんの協力で朝日の食材をふんだんに使ったお弁当を美味しく頂きました。「なないろKAN」に移動し終わりの式を行い朝日脇町長・あさひふるさと体験推進協議会加藤会長・滝澤生協連副会長理事の閉会挨拶と福島の家族より「ヒスイを探すことが出来て良かった。」「外で思いっきり遊べた。」「参加して、想像以上に楽しめました。」等嬉しい感想をたくさん聞くことが出来ました。最後にご家族単位と参加者皆での記念写真を撮り、お見送りしました。初日は曇り空で肌寒い日でしたが、後は好天に恵まれ予定していた企画は全て実行出来ました。なお、この取り組みは、地元ケーブルテレビ「みら~れ」・北日本新聞・富山新聞が取材し、報道されました。




































PageTop
No18-2平成26年3月26日
■平成25年度生協・行政懇談会

◇月日 3月25日(火)               
◇会場 農協会館802会議室
◇参加者 21名(内行政より14名、
       生協より7名)
 清水専務より、富山県生協連2013年度の活動のまとめと2014年度取組の基調が報告後、昨年10月23日に提出した知事宛て要請書(生協連への事業補助金、生協振興資金制度の充実、食品安全行政・消費者行政の充実強化、環境行政の充実強化、医療・福祉行政の充実強化、大規模災害対策、生活協同組合の育成等)に対する県庁関係各課からの回答の後、意見交換をしました。
PageTop
No18-1平成26年3月26日
■第2回 福島震災復興支援学習会
     【主催 富山県生協連、後援 あさひふるさと体験推進協議会】

◇月日 3月14日(金)               
◇会場 富山県生協 本部会議室
◇参加者 49名
◇講師 福島県生活協同組合連合会
       専務理事 佐藤一夫 氏
ジャーナリスト・生協研究家 西村一郎 氏
 震災3年を経て、「福島の被災地の現状と福島県生協連の取組」「福島の子ども保養プロジェクト」についてお二人講師をお招きし「長期にわたる東日本大震災復興支援の取組を継続していくための学習会を開催しました。学習会に先立ち夢創塾塾長・NPO法人グリーンツーリズムとやま理事長の長崎喜一様より来賓挨拶を頂きました。佐藤専務の、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」事の難しさや、西村様の著作本内の、「どんなに大変な状況であっても、人は協同を大切にして助け合い、将来を担う子どもたちはその中で育つ。人類の英知である協同を重視した精神と実践は、長い歴史のうちに試され鍛えられこれからも続くだろう。」の言葉は、心に強く響きました。                 
生協から「生協連・富山県生協・COOPとやま・学校生協・医療生協」と、あさひふるさと体験推進協議会の上澤事務局長より取組報告が有りました。会員生協の理念である「自立した市民の共同の力で人間らしいくらしの創造と持続可能な社会」の実現を目指し、今後富山県生協連合会も会員生協・行政・他団体等と協力し「募金・子ども保養プロジェクト」等震災復興支援活動を継続して取り組むべき思いを新たに致しました。
PageTop
No17-4平成26年3月11日
■「平成26年度富山県食品衛生監視指導計画(案)」に関する意見提出

◇月日 3月11日(火)              
◇提出先 富山県
 富山県生協連では、富山県よりの「平成26年度富山県食品衛生監視指導計画(案)に関する意見の募集」に対し、この素案がさらに補強され、「富山県の食品衛生監視指導」に向けてよりよい施策が講じられることを願い、今年も意見書(パブコメ)を提出しました。
  提出意見書(126KB)
PageTop
No17-3平成26年3月12日
■第2回たすけあい活動交流会

◇月日  3月10日(月)            
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 24名
◇講師
 日生協 福祉事業推進部長 藤田 誠 様
 社会福祉法人 とやま虹の会
      理事長 友椙 彰 様
 地域では、高齢化が進み、高齢者夫婦や独居の世帯も増えてきています。また、健康問題や認知症の介護など、さまざまな不安を抱えておられる組合員さんも増えています。生協らしい介護事業やくらしのたすけあい活動に尽力されている両講師にご講演頂き、グループ討論を行いました。
PageTop
No17-2平成26年3月12日
■「福島の子ども保養プロジェクトinとやま2014春(朝日町)」スタッフ説明会

◇月日 3月4日(火)                  
◇会場 COOPとやま 本部集会場
◇参加者 22名
 3月21~23日に開催予定の上記プロジェクト参加予定のスタッフの方々を対象に「取組にあたって知っておきたい事項、福島の現状や受入の心構え、参加者との接し方等」取組内容と当日スタッフ役割分担の確認をしました。
PageTop
No17-1平成26年3月12日
■「平成26年度富山市食品衛生監視指導計画(案)」に関する意見提出

◇月日  2月26日(火)                  
◇提出先 富山市保健所
 富山県生協連では、富山市保健所よりの「平成26年度富山市食品衛生監視指導計画(案)に関する意見の募集」に対し、この素案がさらに補強され、「富山市の食品衛生監視指導」に向けてよりよい施策が講じられることを願い、今年も意見書(パブコメ)を提出しました。
   提出意見書PDF(148KB)
PageTop
No16-3平成26年3月3日
■“福島の今を知る” 報告・学習会
     【主催 富山県生協、CO・OPとやま、後援 生協連】

◇月日  3月1日(土)                
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 107名
◇学習講演Ⅰ 
 ①「原発事故による放射能汚染に
         向き合って」
   コープふくしま 理事 日野公代 様
 ②「福島第一原発に近い避難地域の今」
   コープふくしま 常務理事 穴戸義広 様
 ③「福島第一原発の今」
   コープふくしま 理事 古瀬聡子 様
◇学習講演Ⅱ
 ①「被災地の復興と自立に向かって」
NPO法人相馬はらがま朝市クラブ理事長高橋永真 様
 東日本大震災より3年が経ちます。~一緒に福島のことを考えてみましょう~をテーマに、コープふくしま組合員理事さんや福島にお住まいの方からの報告を受け「福島の今」を学習しました。又、昨年11月両生協が実施した「被災地視察交流」報告や、福島県産農産物の安全性をPRし、買い支えるキッカケにするために「ミニ即売会」の開催(収益の一部は福島震災復興支援募金に)、またメンバーの中に福島県出身がおり、支援活動を行っている「楽屋姫」のミニコンサートが有りました。
PageTop
No16-2平成26年3月3日
■平成25年度第2回 北陸農政局と消費者団体との意見交換会
     【主催 北陸農政局富山地域センター】

◇月日 2月28日(金)               
◇会場 富山地方合同庁舎
◇参加者 15名(生協より3名)
◇テーマ 「地域農業を担う生産者の取組」
 会に先立ち北陸財務局富山財務事務所より4月1日より税率が上がる消費税の円滑かつ適正な転嫁のための説明が有りました。瀨戸太郎 富山地域センター長の挨拶に次いで、生産者側より6次産業ボランティアプランナーの浦上節子様と(有)土遊野 取締役橋本めぐみ様より、これまでの取組や現状と今後の課題の発表後、情報提供と提言の後、各団体参加者より活発な質問・意見・要望が出されました。
PageTop
No16-1平成26年3月3日
平成25年度第2回くらしの安心ネットとやま情報交換会
     【主催 くらしの安心ネットとやま】

◇月日  2月19日(水)                
◇会場 サンフォルテ
◇参加者 35団体42名
     (生協と消団連・労福協より3名)
 県消費生活センターより富山県内における昨年度相談の概要及び相談事例紹介後、くらしの安心ネットとやまより活動報告及びアンケート結果報告が有りました。県警察本部捜査第二課の青木様より「特殊詐欺の発生状況と対策」と題した講演の中で、もうかるちゃ詐欺、なりすまし詐欺等が急増し、手口の巧妙化・多様化・送金手段の変化している現状と、中には警察を名乗っての事件や最近富山県内で多発している「高校OB家族宅」への振り込め詐欺に対する情報も報告されました。
PageTop
No15-3平成26年2月20日
■第15回地域協同推進シンポジウム
     【主催・富山県農業組合中央会、富山県厚生農業協同組合連合会、
         富山県生活協同組合連合会、富山県社会福祉協議会】

◇月日  2月17日(月)              南砺市民病院院長 南 眞司 様
◇会場 富山県農協会館8階ホール
◇参加者 約170名(生協より66名)
◇テーマ
 -介護保険制度の見直しと私たちのくらし-
基調講演Ⅰ.
 「介護保険制度改訂の動向とその影響」
 全国農業協同組合中央会くらしの
   活動推進部高齢者対策課 審査役
   社会保障審議会介護保険部会委員
       山本敏幸 氏
基調講演Ⅱ.「多職種連携で結ぶ家族の絆と地域の絆~
    一人一人の人生を支える地域包括医療ケア」
    南砺市民病院 院長 南 眞司 氏
総合討論 「地域における現状と課題」
 誰もが住み慣れた地域で人々や地域社会とかかわりを持ちながら、いつまでも安心して暮らせる地域ネットワークを構築するために、関係団体が情報交換するとともに、目標に向けて共に活動することを目的としたシンポジウムが開かれました。
PageTop
No15-2平成26年2月20日
■2013年度役職員研修会

◇月日 2月14日(金)                
◇会場 ボルファートとやま
◇テーマ 
 「日本の生協の2020年ビジョンについて」
◇参加者 46名
◇講師 日生協 和田寿昭 専務理事
 ビジョンで目指していることと、今の到達点と、2014年度の特に強めていかなければならないと考えていることを、重点に講演いただきました。参加された方々からは、「競争力を付ける為に取り組むべき課題と、次世代を見据えた人材育成や連帯について、大局的な視点からのご指導は大変有り難たかった。」との意見を頂きました。
PageTop
No15-1平成26年2月20日
■平成25年度NHK歳末たすけあい助成決定書交付式
     【主催 社会福祉法人富山県共同募金会】

◇月日  1月29日(水)              助成決定書を受取る滝澤副会長
◇会場 サンシップとやま
◇助成件数 172件
 「地域福祉課題解決事業」に、東日本大震災での被災県の福島の子ども達を富山に迎え入れることで、不安な生活を余儀なくされている事からくるストレスの解消を図るとともに、県民が被災地支援を継続して行う目的で実施している福島の子ども保養プロジェクトinとやま2014春(朝日町)に対する助成金を申請し、受理されました。当日は沖谷NHK富山放送局長より「助成決定書」が6名の出席施設代表(生協連は滝澤副会長)に交付されました。この助成金は3月21~23日開催予定の同企画に活かされます。
PageTop
No14-3平成26年1月31日
■平成25年度県民提案型消費生活向上事業
  消費者力養成フォローアップ講座

 【主催 富山県消団連、共催 富山県・県消費者協会、協賛 県労福協、
      後援 CO・OPとやま】

◇月日 2014年1月25日(土)         
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 13人
◇講師 消費生活専門相談員
  消費生活コンサルタント 広重 美希 氏
◇テーマ 「消費者力検定の振り返り、消費者力を生か   した啓発手法」
 消費者力検定試験を受けて①第10回消費者力検定解説、②消費者被害の現状、③今後に向けて、長年消費生活専門相談員をしてこられた広重様より事例を上げられてのお話しと、紙芝居・○×クイズ・ロールプレイング等、とてもわかりやすい講座でした。
PageTop
No14-2平成26年1月31日
■富山県地球温暖化防止県民大会
     【主催 富山県、とやま環境財団、環境とやま県民会議、共催 富山テレビ】

◇月日 12月14日(土)       
◇会場 サンシップとやま
◇参加者 約200名 
 表彰式では富山県生協が「1日エコライフ」や「電気ダイエット」の実施等、家庭における地球温暖化対策の実践を呼びかけているほか、キャンドルナイトや環境川柳の募集等、地球温暖化防止の普及啓発を行なっていることが「地球温暖化防止の優れたアイデアや対策技術の導入など、その取組みが優れている」と評価されて「とやまストップ温暖化アクト賞」を他団体や個人の方々と共に受賞されました。
PageTop
No14-1平成26年1月31日
■平成26年度災害救援ボランティア・コーディネータ-リーダー 
  フォローアップ研修

     【主催 富山県社会福祉協議会】

◇月日  11月30日(土)
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 32名
◇講師 
  日本ボランティアコーディネーター協会
      代表理事 筒井のり子 
      龍谷大学社会学部教授
◇演題 
 「参加とつながりを生み出す支援のために~
  生活支援相談員の活動から見えること」
 東日本大震災後現在も支援活動は必要とされ、ボランティアに参加した多くの方々の、その活動を振返・今後の方向性を知り、更に災害時の支援活動の在り方や他市町村の災害支援・復興について学ぶ研修会に参加しました。又、生協連が取組んできた「福島の子ども保養プロジェクトinとやま」の活動も報告しました。
PageTop
No13-3平成25年11月25日
■第8回消費者行政推進意見交換会
     【主催 富山県生協連・富山県消団連】
◇月日  11月20日(水)              
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 32人
◇報告
・富山県生活環境文化部県民生活課
     消費生活班 班長 田中 勉 氏
 「富山県の消費者行政の取組について」
・富山県消費生活センター所長 西 和美 氏
 「消費生活相談の現状と対策」
・富山市消費生活センター所長 島田 勉 氏
「平成24年度の富山市消費生活センターの相談状況」
 高齢者・若者等弱者に消費者被害が依然多く携帯電話やインターネット関連の深刻な被害が目立っており、相談事例の紹介などを踏まえながら行政と消費者団体の皆さんとの活発な意見交換を進めました。「県民提案型消費生活向上事業の継続を!」「学生にも消費者教育の充実を!」等多岐に渡る質問・意見が出ました。
PageTop
No13-2平成25年11月25日
■第21回 ボウリング大会

◇月日  11月3日(土)              
◇会場 ゴウルデンボウル
◇参加者 62名 
 県内生協で働く生協役職員・組合員がボウリングを通して交流を深め、日頃の運動不足やストレス解消にさわやかな汗を流しました。表彰式では団体賞、個人賞、ブービー賞等アナウンスされる度、会場内のあちこちで歓声等が出て盛り上っていました。団体の部では、優勝・医療生協、二位・富山県生協、三位・COOPとやまとなりました。又、各生協よりサプライズ賞として記念品を出して頂き、くじ引きにて賞品が当たりました。参加者より良い企画との感想を頂きました。

PageTop
No13-1平成25年11月25日
■平成26年度 行政要請行動

◇月日  10月23日(水)             
◇会場 富山県生活環境文化部長室
◇参加者 行政より部長をはじめ 6名
 県生協連より会長理事はじめ 5名の計11名
平成26年度生協連及び会員生協の活動に対する要請として「事業補助金の交付」「生協振興資金制度の充実」や「消費者政策」「食品の安全・安心」「医療・福祉」「環境」等行政の充実強化。又、「大規模災害対策」の充実強化、「生活協同組合の育成」についての要請書を「提出」後、行政との意見交換を行いました。
PageTop
No12-3平成25年11月20日
■平成25年度 地方消費者グループ・フォーラムin北陸 
     【主催 実行委員会、消費者庁】

◇月日 11月18日(月)         
◇会場 石川音楽堂
◇参加者 約190名
◇テーマ 
~みんなの力で安心な地域づくりを!~
◇講師 弁護士 島田広 様
   「消費者教育の推進に向けて
    ~体系イメージマップの活用の展開~」
◇パネリスト
 石川・福井・富山の北陸地域の消費者問題に携わる団体やグループ・各担当行政機関等が集まり、日頃の活動を報告し、意見交換を目的とした分科会を通じて地方消費者行政の充実・強化に向けて語りあいました。フォーラムに先だち、消費者庁長官 阿南久様よりご挨拶を頂き、地方協力課課長 村松茂様よりご報告、石川県県民文化局局長 森田美恵子様よりのご挨拶の後、島田弁護士の講演が有りました。富山・石川・福井各県パネリストによる「消費者力を高めるために私たちができること」と題したリレートーク・活動報告後、分散会では①世代に応じた消費者教育②食育活動③環境活動④地域連携19グループに分かれて、活発な意見交流が行われ、福井県生協連 樫尾専務理事より分散会報告と富山県消団連 清水事務局長の閉会挨拶で終了しました。
PageTop
No12-2平成25年11月20日
■国際協同組合年フォローアップ研修会 
     【主催 富山県協同組合協議会】

◇月日 11月15日(金)      
◇会場 JA会館
◇参加者 28名(生協より10名)
◇講師 名古屋大学大学院生命農学研究科
 生命技術科学専攻 教授 生源寺眞一 様
◇テーマ 
  「協同組合の原点と今日的な在り方を
   考える」
 昨年の国際協同組合年のフォローアップ研修会として生協総合研究所理事長でもある生源寺教授より世界の食料問題と国際協力・日本の食と農・協同組合の持ち味と課題について学習しました。
PageTop
No12-1平成25年11月20日
■第10回消費者力検定団体受験
     【主催 財団法人日本消費者協会消費者力検定委員会】

平成24年度 県民提案型消費生活向上事業 
  【主催 富山県消団連、共催 富山県、
   県消費者協会、協賛 富山県労福協、
   後援 CO・OPとやま】
◇月日  11月9日(土)
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 10名(基礎コース2名、応用コース8名)
 消費者力アップを目指すことを目的とした講座の受講生を対象に第10回消費者力検定団体受験が開催され、基礎コースは①契約・悪質商法②衣生活③サービス④環境の4テーマから、応用コースは⑤食生活⑥住生活⑦生活と家計管理を追加した全7テーマより出題され、難問に挑みました。
PageTop
No11-4平成25年11月15日
■第9回介護事業交流会

◇月日  11月11日(月)            
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 50名
◇講師
 富山県厚生部高齢福祉課副主幹 
     藤本昭彦 様
 「生活支援・介護予防等について」
富山市長寿福祉課地域ケア推進担当
     主幹 岩田大史 様
 「富山市における高齢者に対する
   在宅福祉サービス」
 介護福祉の情勢について共通認識するとともに、「生協として要支援の人の現状と支える課題を行政と共に考える」機会として、問題提起・事例報告をふまえ全体論議し、生協職員と行政側との交流を深めました。
PageTop
No11-3平成25年11月15日
■第9回富山県石油商業組合との交流会

◇月日  11月7日(木)            
◇会場 富山県石商会館
◇参加者 15名(生協より6名)
 富山県生協連合会・清水専務と富山県石油商業組合・山根灯油部会長より挨拶の後、各都道府県別灯油販売数・価格、価格指標、気象予測、生協連灯油販売価格等々の資料を基に、「石油を巡る情勢・県内における情勢・今冬の石油製品価格・消費税増税の表示方法高齢世帯、中山間地域の問題等について」活発な意見交換が行なわれました。
PageTop
No11-2平成25年11月15日
■平成25年度 県民提案型消費生活向上事業
          第2回消費者力養成講座

     【主催 富山県消団連、共催 富山県、県消費者協会
      協賛 富山県労福協、後援 CO・OPとやま】

◇月日  10月26日(土)            
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 17名(講座申込者25名)
◇講師 消費者力開発協会 
       理事 広重美希 氏
◇テーマ 
「衣生活・食生活・住生活・生活と家計管理」
 第1回講座に引き続きテーマの「消費生活」について学び、クイズや消費者力検定対策の講座でした。

PageTop
No11-1平成25年11月15日
■平成25年度 富山県協同組合協議会視察研修会
     【主催 富山県協同組合協議会】

◇月日  10月18日(金)~19日(土)     
◇会場 三重県
     「伊賀の里モクモク手づくりファーム
◇参加者 6名(生協より2名)
 創業以来、6次産業化の先駆的な取り組みを行い、年間50万人が訪れる体験型食農学習施設として「食と農」を通じ「知る・考える」輪を生産者から消費者への広げる一大拠点となっている手づくりファームの運営理念やノウハウを学び、協同組合間連携の促進に資する事を目的とした視察研修に参加しました。

PageTop
No10-2平成25年10月31日
■厚生労働大臣表彰受賞
     【主催 厚生労働省】

◇月日  10月24日(木)       
◇会場 厚生労働省 講堂
◇受賞者 27組合及び25名個人
 5年ごとに、消費生活協同組合法の理念にのっとって健全な事業運営を行い、他の模範と認められる消費生活協同組合(連合会)並びに組合役員に対し厚生労働大臣表彰が行われ、今年は当生協連合会として“消費者目線の意見を行政に積極的に伝える活動や、東日本大震災以降の震災復興対策としての継続的な支援や災害支援・対応力向上に取り組んで来た”事等が評価され「松浦均会長理事」が富山県より推薦を頂き、受賞が決まりました。表彰式に引き続き日生協主催の祝賀会に出席参加されました。
 後28日に、今回推薦を頂いた富山県生活環境文化部の林俊信部長に受賞の報告とお礼をして来ました。
 尚、松浦均会長理事の「厚生労働大臣表彰」を祝う会を11月25日第3回理事会終了後にボルファートとやまにて生協連理事・監事及び会員生協役員・幹部職員の皆様にご出席を頂き開催致します。
PageTop
No10-1平成25年10月31日
■けんせいきょう祭り2013
     【主催 富山県生協】

◇月日  10月12日(土)~13日(日)    
◇会場 とやまテクノホール
◇参加者 約30,000名
◇テーマ ~笑顔で届けたい、
        ありがとうと感謝の気持ち~
 富山県生協では、『けんせいきょう祭り2013』を開催し、30,000名の組合員ご家族および県民の皆様にご来場いただきました。東日本大震災復興支援の取り組みの一環として震災復興支援コーナーを設け、組合員のみなさんからご提供いただいた本やCD、石鹸などのチャリティーバザーや、ふくしまの物産品の販売などを行いました。8月の「福島の子ども保養プロジェクト」で子どもたちが体験した「まが玉づくり」も実施しました。即売コーナーでは日頃の感謝を込めて、新鮮野菜の直売、コープ商品のお買得品など、大勢の組合員ご家族や県民の皆様にたくさんの買い物を楽しんでいただきました。ステージイベントでは和太鼓、よさこい、ダンス、ボイスパフォーマンスなどで盛り上がりました。又「第36回東海北陸生協行政合同会議」の2日目オプション企画として参加者の皆様にも視察して頂きました。
PageTop
No09-2平成25年10月17日
■H1グランプリ(介護職員調理グランプリ)富山大会

◇月日  10月13日(日)               
◇会場 富山県民会館 料理室
◇参加者 26名(内調理参加者19名)
◇テーマ ~ヘルパーさんやボランティア
     さんが作る「あったか料理」~
◇講師 
 富山市保健所中央保健福祉センター
 所長代理 主幹(富山県栄養士会) 新村典子 様
 日生協と医療福祉生協連の共催で行われる全国大会のプレ企画として訪問介護職員の日頃の調理実践として調理コンテストの富山県大会と、合わせて県内生協の介護事業の交流や良質な介護サービスを提供するミニ学習会を開催しました。富山県生協連 清水専務理事による開会宣言の後、早速各食材の準備や抽選・調理・各調理者によるアピールが全国大会の開催要項に準じて(調理は10分多め)行われました。審査及び試食タイムを経て、新村講師より調理結果の講評と「高齢者の食事」と題して学習講演を聞きました。最後に、大野福祉委員会委員長(富山医療生協理事長)より大会のまとめと挨拶で無事終えました。
PageTop
No09-1平成25年10月17日
■第36回東海北陸生協行政合同会議
     【主催 東海北陸生協県連協議会】

◇月日 10月11日(金)~12日(土)       
◇会場 富山第一ホテル
◇参加者 60名
◇共通テーマ
   「行政と生協のパートナーシップ」
◇特別講演 消費者庁長官 阿南 久 様
 「地方消費者行政活性化基金
   5年目の消費者行政の到達点と今後」
    ~地域における“協働”の推進!~
 東海北陸地区で実施されている生協と行政との合同会議を、本年は富山県生協連合会の担当で開催しました。会議に先立ち開催県として富山県生協連・松浦会長理事、県行政より富山県生活環境文化部部長代理・漆畑次長、主催者代表生協コープあいち・夏目理事長の挨拶の後、厚労省より梅澤健康福祉課長様よりご来賓挨拶を頂きました。続いて日生協より「全国の生協の活動概況について」と休憩を挟んで、特別講演として今年は消費者庁長官の阿南様より、「くらしのすべてが消費者課題!消費者も事業者も、行政も、学び、行動し、連帯し、消費者市民社会の構築をともに!」の講演と、「子どもを事故から守る!プロジェクト」テーマソングの「おしえてね アブナイカモ」を歌って頂きました。各県行政担当者様及び、全岐阜県・石川県・富山県各生協連の報告が有り、行政との協力連携体制の確認等、意見交流を行いました。2日目のオプション企画では、「源のますのすしミュージアム」と「けんせいきょう祭り2013」を視察して頂きました。
PageTop
No08-3平成25年10月7日
■平成25年度富山県消費者大会
■くらしの安心ネットとやま活動紹介

     【主催 富山県・富山県消費者協会・くらしの安心ネットとやま】

◇月日  10月5日(土)         
◇会場 富山県民共生センターサンフォルテ
◇参加者 約250名(内生協連21名、
      消団連7名)
◇講師 落語家 笑福亭舞松枝 様
 今年度の県民生活部門功労(生活分野)表彰と富山消費者トラブル防止川柳コンクールの表彰後、消費生活研究グループ連絡協議会より「注意していますか、消費者トラブルに!」についてのアンケート調査結果報告や、高校生の「元気に☆コミュニケーション」題した実践研究発表がありました。くらしの安心ネットとやまの活動発表展では、富山県生協が「安全・安心な消費生活」、CO・OPとやまが「悪質商法被害状況調査」と、消団連が「消費者力養成講座」をテーマに、パネル等にてそれぞれの取組み及び各案内を展示しました。クイズラリーや景品等も好評で沢山方々が来場されました。又、笑福亭松枝氏の講演では「悪は進化します!負けるな!善良市民」と題し、落語家らしく軽妙な語り口で解り易く講演されました。

PageTop
No08-2平成25年10月7日
■平成25年度 県民提案型消費生活向上事業
          第1回消費者力養成講座

     【主催 富山県消団連、共催 富山県、県消費者協会
          協賛 富山県労福協、後援 CO・OPとやま】

◇月日  9月28日(土)              
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 21名(講座申込者25名)
◇講師 消費者力開発協会 
      理事 広重美希 氏
◇テーマ 「契約・悪質商法・サービス・環境」
 昨年・一昨年度に続いての「消費者力を高めよう!」と題し、契約・サービス・衣食住など広く生活全般の消費生活について学び、消費者として、毎日をよりよく生きるため、そして消費者被害に巻き込まれないため、消費者力アップを目指すことを目的とした講座に参加しました。初回は、オリエンテーション・なぜ、消費者力が必要か・ワークショップ等も有り、2講座受講ののちに消費者力検定を目指し、最後に検定後のフォローアップ講座も有ります。
PageTop
No08-1平成25年10月7日
■平成25年度第1回 北陸農政局との意見交換会
     【主催:北陸農政局】

◇月日  9月4日(水)                  
◇会場 富山地方合同庁舎
◇参加者 18名(内生協より3名)
◇テーマ 
 「食の安全・消費者の信頼確保について」
 川村消費・安全部長の挨拶に続き、「食品表示法の概要」「畜産物の安全確保のための取組」報告後、①BSE対策、②鳥インフルエンザ、③食品表示法についての状況説明の後、各消費者団体や生産者を交えて、「とくだねe~講座」内容についての質問等活発な質問・意見が出されました。
PageTop
No07-2平成25年9月6日
■福島の子ども保養プロジェクinとやま(朝日町)反省会

◇月日  9月2日(月)                
◇会場 朝日町らくちーの
◇参加者 20名(内生協より12名)
 9月9~11日に開催した福島の子ども保養プロジェクト企画の反省会を、地元朝日町で参加・ご協力頂いた方々と共に開きました。企画の実施内容・メディア掲載情報・参加者及びスタッフからのアンケート集約の報告と皆さんからの感想を聞き、意見交換をしました。「今まで我慢していた事、ほぼ全てが子供達と体験できて、本当にうれしかったです。海遊び、小川あそび、魚つり、子供達がとても喜んでいました。私もとても楽しむことができました。ヒスイを夢中で探した事、大人ながらにたのしみました。スタッフの方たちが、あたたかく迎えてくれた事、感激していました。みんなにやさしくしていただき、うれしかったです。」「どのプログラムもスタッフの方々が適切にサポートしてくれたので、安心して楽しむことができました。子供達にとっては、最高の思い出になったと思います。本当にありがとうございました。」等感想を頂きました。今後も、より福島の皆さんの想いに沿った企画になるよう、今後の企画に向けて取り組みます。
PageTop
No07-1平成25年9月6日
■平成25年度富山県総合防災訓練
    【主催:富山県、高岡市、射水市 共催:国土交通省北陸地方整備局】

◇月日  8月25日(日)               
◇会場 高岡市、射水市
◇参加者 約120機関、4600名
       (内生協より12名)
[救援物資の搬送・輸送路確保、供給訓練]
                    への参加
 県生協、CO・OPとやまより人員8名の派遣と、両生協よりトラック2台が参加。
 高岡市内にある横田小学校を出発、射水・高岡両警察署からそれぞれパトカーに先導されて、トラック協会を先頭にして訓練に参加しました。生協連は、射水市放生津小学校と本江コミュニティセンター会場の2つの会場に、県生協とCO・OPとやまのトラックで搬送。両会場に搬送終了後、直ちに町内会ごとに物資の仕分けをしてお届けしました。
[災害救援ボランティアセンター設置訓練]
                    への参加
 県生協、CO・OPとやま、生協連より4名参加 高岡市二塚地区にあるテクノドームと周辺で開催された訓練会場には、テクノドーム内に設置された「災害救援ボランティアセンター設置訓練」及び全体の閉会式に参加しました。
[参加者からの感想] 会場に救援物資輸送到着のアナウンスが流れ、パトカーのサイレンがなり、その後に続いて生協のトラックで搬送したので、参加されている地域住民の方々より「あ、生協だ。」との注目がありました。富山県総合防災訓練に参加し、行政、企業や団体、地域住民の多くの協力で実施されており、生協連として参加協力をできたことは本当に良かったと思います。

PageTop
No06-2平成25年9月1日
■第17回平和のつどい

◇月日 8月24日(土)               
◇場所 サンシップとやま
◇参加者 68名
◇テーマ 
  「核兵器のない平和な世界をめざして
    出来ることを一緒に考えましょう!」
◇講師 
  公益財団法人広島平和文化センター
    湯浅敏郎 常務理事
◇演題 「広島への原爆投下、核兵器を巡る
     世界の情勢と平和首長会議の取組」
 「広島や長崎に原爆投下に至った経緯」や「投下後の甚大な被害」「核軍縮に向けた取組み」等々、戦後広島の皆さんが悲惨な状況から「核兵器の無い平和な世界を目指して」取組んで来られた様々な事例等、大変解り易くご講演頂きました。参加者からは、「大学でもこうした話しをうかがえる機会はあまりないので大変考えさせられました。戦争や核兵器の歴史をタブー視せず、議論の場を設けていくことが大切だと思います」(大学生)、「平和首長会議の取組については、自分自身知らないことも多く、もっと多くの人に知らせていきたいと思いました。世界中の都市が参加されることを願います」(40歳代)等々感想を頂きました。講演後、富山県生協・富山医療生協・CO・OPとやまの3生協の平和の取組報告と、会員生協から集まった平和の「折り鶴」の平和記念公園への奉納報告もされました。
PageTop
No06-1平成25年9月1日
■平和の折り鶴を広島に届けました!

◇月日 8月6日(火)            
◇広島市平和公園
 毎年、富山県生協連合会では、各生協で平和の願いをこめた折り鶴を広島へ届けています。今年もその折り鶴を「原爆の子の像」へ奉納しました。原子爆弾投下から68回目を迎えた広島では、5,859名が死没者名簿に加えられ、全体で28万6,818人もの死没者名簿が慰霊碑に納められました。現地では、直後に入市被爆された方(当時14歳)からお話を聞きました。「原爆投下の日、私たち広島県立第二中学校の二年生は建物疎開の作業は休みで爆心から数キロはなれた場所におり、建物疎開は一年生が作業をしていた。爆心から約600mで、整列して訓示中に被爆し、ほぼ全員が亡くなった。今でも自分たちの身代わりになったと思っている。原爆投下直後に市内へ入ったが、まさに地獄絵図そのもので想像を絶する。二度とあのようなことは起こしてはならないし、誰にもそんな体験をしてほしくない。と語られました。人類と核兵器は絶対に共存できません。1日も早く核兵器も戦争もない平和な世界を作るように富山県生協連も取り組みを進めて行きます。  
PageTop
No05-1平成25年8月29日
■福島の子ども保養プロジェクトinとやま(朝日町)
   【主催 富山県生協連合会・福島の子ども保養プロジェクト、
    共催 あさひふるさと体験推進協議会、
    後援 富山県、朝日町、NPO法人グリーンツーリズムとやま】

◇月日  8月9(金)~11日(日)      
◇場所 朝日町内(宮崎鉱泉、ヒスイ海岸、
 クリーンみず穂、夢創塾、なないろKAN、
 宮崎漁港、カルチャーセンター宮崎)
◇参加者 約80余名(内 福島県内の7家族
  23名、県内生協50、地元の協力10名等)
 富山県生協連と福島の子ども保養プロジェクトで、「福島の子ども保養プロジェクト」の一環として、福島の親子を迎えて、今回で4回目となる企画を朝日町で開催しました。はじまりの式では松浦会長理事、朝日町 脇町長、あさひふるさと体験推進協議会 加藤会長より、歓迎のご挨拶をしたのち、福島からの7家族と事務局・スタッフがお互いに自己紹介をしました。 
初日はオリエンテーションの後、気温も35℃を超える猛暑日となった中、早速「快水浴百選」のヒスイ海岸にて、準備体操の後、子ども達は震災発生以来、久しぶりの海水浴を楽しみました。又、ヒスイ博士に、ヒスイの見つけ方を教えてもらい時々鑑定してもらいながらヒスイを探しました。夜はみんなで花火大会と大熊座・小熊座・カシオペア座等星空観察!すると、北の空北極星付近から大きな「流れ星が!」みんな大喜びでした!翌日は、「夏野菜収穫体験」。ジャガイモをたくさん掘りました!中には、スーパーバッグで3袋分も掘った家族も!ジャガイモ掘りのあとは、自然体験学校「夢創塾」へ。
「ジップライン」や「森のブランコ」「川」で遊んだり、ヤギやカモと触れ合ったり…この日も35℃を超える炎天下。しかし、子どもたちはそんな暑さも関係なく、原発事故以降、なかなか外でゆっくり遊ぶ機会がない子どもたちは、大はしゃぎ!お昼ごはんは、ピザづくり。かまどで焼いた出来立てピザは美味しさ抜群!その他にも古代米のお粥や、朝掘ったばかりのジャガイモをふかして食たり・・・ 楽しい森の中での1日でした。


夜は「夕食交流会」。福島の家族とスタッフとで、地元料理をいただき、朝日町の魚・野菜・ご飯を食べながら交流を深めました。交流会には地元の方々にも参加して頂きました。名物の「タラ汁」!タラのだしがしっかり効いてて、これまた旨い! 福島の家族も気に入ったようです。中には“おかわり”する子どもたちも。その後、子どもたちがヒスイ海岸で拾った石に絵を描く「石ころアート」に挑戦! 子どもたちの発想力ってスゴイ!みんな上手に描きました。


最終日は、朝から宮崎漁港へ「魚釣りチャレンジ」さぁて、何が釣れるかな?小あじ等が釣れました。「魚釣り」のあとは、また海水浴で楽しみました。お昼ごはんを挟んで、午後からは、世界でたった一つの自分だけの宝物「勾玉づくり」の体験です。みんな一生懸命に、石を紙やすりで思い思いの形に磨いて、キリで穴を開けて、完成です!
 さて、楽しかった3日間の活動を全て終え、「おわりの式」の時間です。富山県生協連合会 滝澤副会長理事、あさひふるさと体験推進協議会 上澤さんよりお別れの挨拶をした後、福島の7家族からも3日間の感想を話していただきました。

【お父さん・お母さんの感想より(抜粋)】
*久しぶりに子供たちがノビノビと笑顔で「外あそび」している姿を見て、うれしかった。
*最初はスタッフの多さにびっくりしましたが、きめ細やかに対応していただけて、うれしかった。
*皆さんにあたたかくしていただいて、富山を第二の故郷のように思います。また家族で富山に来たいです。

【子どもたちの感想より(抜粋)】
*夢創塾で遊んだり、海水浴したり出来て、楽しかった。ありがとう!
*友だちがたくさん出来て、うれしかった。
*ジップラインや森のブランコが楽しかった。みんなでピザを作って美味しかった。
 最後に全員で記念撮影し、福島の7家族23名はバスに乗って、郡山へ。たくさんの思い出を胸に、それぞれの帰路につきました。期間中は猛暑日が続きましたが、予定していた企画は全て順調に進みました。なお、この取り組みは、北日本、読売、冨山、北陸中日の各新聞社が取材し報道されました。
PageTop
No04-3平成25年8月7日
■第1回災害救援ボランティア研修会

◇月日  8月5日(月)             
◇会場 富山県生協本部事務所
◇参加者 14名
◇講師 富山県社会福祉協議会
    富山県ボランティアセンター 
     池田浩一郎 氏
◇テーマ災害救援ボランティア
     ~その役割と動き~ 
 これまでの主な災害時におけるボランティアセンターや活動の状況を知るとともに、わが町で災害が起きた時の課題や住民生活の支援等について、共に考えました。あわせて、今年8月25日に開催される「平成25年度富山県総合防災訓練」へ生協連として初めての参加に向けて打合せをしました。
PageTop
No04-2平成25年8月7日
■福島の子ども保養プロジェクトinとやま(朝日町)スタッフ研修会

◇月日  8月2日(金)                 
◇会場 ボルファートとやま 4階「瑪瑙の間」
◇参加者 22名
    (内あさひふるさと体験推進協議会
               上澤聖子事務局長)
 8月9~11日に開催予定のプロジェクト参加予定のスタッフが集まり、現在の福島の様子を学習するとともに昨年夏企画や今春3月企画企画を振返り、取り組みにあたって知っておきたい事項・企画の再確認・心構えや注意事項等、取組内容と当日スタッフ役割分担の確認をしました。又、今回より、福島までの往復付添も有り引率担当の方々と事前準備事項の確認も行いました。
PageTop
No04-1平成25年8月7日
■第14回富山県食品安全行政推進意見交換会

◇月日  8月2日(金)                 
◇会場  ボルファートとやま 4階「瑪瑙の間」
◇参加者 36名
◇来賓 県厚生部生活衛生課主幹
       食品乳肉係長 中島由雅 氏
     県厚生部生活衛生課副主幹
       食品乳肉係 植野 一 氏
     県農林水産部農産食品課副主幹
       食品安全係長 岡村 造 氏
   富山市保健所生活衛生課衛生監視
     副主幹 係長 坪島政裕氏
 県及び市保健所より「平成24年度食品衛生監視指導の実施結果の報告及び25年度計画」、「平成25年度食品の安全関係予算について」「食中毒が多発する夏期や流通量が増加する年末年始に方針に踏まえて、重点的に監視指導」の説明が有りました。昨年、北海道で浅漬けを原因とする腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生した事により厚生労働省が示した方針を踏まえての緊急点検実施報告が有りました。「HACCP富山県版の作成予定は無いのですか?是非取り組んで欲しい。」「児童のアレルギー物質による事故防止に対する対策強化を。」などの意見や要望が出され活発な意見交換会になりました。
PageTop
No03-3平成25年8月1日
■平成25年度災害ボランティアシンポジウム
    【主催 富山県社会福祉協議会・富山県ボランティアセンター、共催 富山県】

◇月日  7月28日(日)                
◇会場 とやまサンシップ
◇参加者 約115名(内生協より2名)
◇テーマ
 「あれから2年5カ月東日本大震災復興支援。
   ~今、私たちができることは?~」
 福島県の現状及び宮城県の状況を知るとともに、災害支援における住民生活の支援について、共に考えました。
 会津大学短期大学部の久保美由紀准教授の「福島における震災・原発事故後の地域生活の再建に向けた取り組みの現状」と題した基調講演と、宮崎県社会福祉協議会・北川氏と東北AID川渕代表がシンポジストに加わりシンポジウムに参加しました。
PageTop
No03-2平成25年8月1日
■みんなの消費生活展
     【主催 みんなの消費生活展実行委員会・富山市、
      協賛 富山県生協・CO・OPとやま他】

◇月日  7月27日(土)                 
◇会場 富山市民プラザ
◇参加者 約800名
◇テーマ 
   「消費者が主役 行動しよう!
            地球への思いやり」
◇併催講演
 ①高齢者見守り講座「悪質商法の対処法に   ついて」
 ②スマートキッチン~家庭の無駄は
   キッチンから~
 住みよいくらしの環境づくりのため、消費生活の見直しや、ごみの減量化・資源化のほか、消費者が安心で安全な日常生活の確保に努める とともに、自立した消費者の推進を図り、消費生活の安定と向上に資する目的で開催された「みんなの消費生活展」に、今年のテーマに合わせ富山県生協が「家庭で出来る一日エコライフ取組・環境川柳」、CO・OPとやまが「悪質商法被害状況調査」等の研究発表と協賛・参加されました。
PageTop
No03-1平成25年8月1日
■食品安全フォーラムinとやま
   【主催 富山県、内閣府食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省、消費者庁】

◇月日  7月23日(火)                 
◇会場  自遊館ホール
◇参加者 約170名
     (内生協より18名、消団連より8名)
◇テーマ ~知ろう『安全』、感じよう『安心』~
◇講師
・内閣府食品安全委員会 評価情報分析官
      池田三恵 氏
  「食品添加物のリスク評価について
            健康影響等について」
・厚生労働省新潟検疫所金沢・
  七尾出張所所長 黒飛敏 氏
  「輸入食品等の安全性確保について」
PageTop
No02-3平成25年7月29日
■第48回富山県生活協同組合連合会通常総会開催

◇月日  7月17日(水)               
◇会場  ボルファートとやま
◇代議員 36名(実出席25名、書面議決11名)
◇来 賓 富山県知事 石井隆一 様 (代理)
 県生活環境文化部次長 漆畑有浩 様
 北陸農政局富山地域センター長 
                 瀬戸太郎 様
日生協関西地連事務局長 辻 祥行 様
 総会では2012年度の事業報告・決算関係・監査報告、及び2013年度の事業計画及び予算、定款・規約一部改定、役員補充選任、役員報酬、議案決議効力発生の件が、順次各理事より提案されました。提案後、全ての議案が全員賛成で可決成立しました。総会終了後に代議員の皆様に役員補充により新旧役員の方々が並び、新年度に向けて挨拶がありました。
PageTop
No02-2平成25年7月29日
■第19回海岸クリーン作戦

◇月日  6月30(日)                 
◇会場 富山市八重津浜、氷見市島尾海岸
◇参加者 481名
(内生協より395名、生協以外より8団体86名)
 各海岸のゴミ種類別の量と重さを量り、環境美化に理解を深め、モラルの向上が重要との意識を感じました。年々参加者が増えているこの取組は、新聞社やテレビ局等各マスコミでも取り上げられ、私たちが出来る環境保全及びゴミミ問題への意識向上という目的を大きくアピールすることが出来ました。参加者からは①最初はごみがいっぱいで、きたなかったけど、きれいにできたから良かった。(小学生)②浜が、きれいになって海水浴をする人がけがをしなくていいと思います。(小中学生)③海でのゴミ拾いは初めてだったので戸惑ったが、ゴミ拾いを行う事で、より海に対する愛着がわいた。(大学生)④大勢の方と参加でき、子供も海であそび楽しみながら清掃できてとても良かったです。(20代)⑤人との出会いが奇遇さを実感、出身県が同じということで、富山を宣伝した。今後も人との出会い言葉の交わし合いに意味ある楽しみでもある。(70代以上)等の感想を頂きました。 両会場で、木材・竹、可燃、不燃、瓶、飲料缶・ペットボトル等合わせて680.3Kgのごみが出ました。 昨年は、1487.5Kgでした。
PageTop
No2-1平成25年7月29日
■富山県協同組合協議会委員会(総会)
   【主催 富山県協同組合協議会】

◇月日  6月21日(金)              
◇会場 JA会館 会議室
◇参加者  名(内生協より4名) 
 2012年度の活動報告・決算と2012年度の各方針・予算並びに役員が決定されました。事業計画(案)では昨年の「2012国際協同組合年富山県記念シンポジウム」の成果を引き継ぎ更なる広がりと深化を図るためのフォローアップイベント学習会の開催や、各構成団体行事への協賛・参加等の提案について採択されました。
PageTop
No1-3平成25年6月18日
■第10回富山県消費者団体連絡会 総会・学習会
     【主催 富山県消費者団体連絡会】

■総会
◇月日 6月13日(木)               
◇会場 ボルファートとやま
◇参加者 47名(内代議員16名)
◇来賓  富山県生活環境文化部参事・
       県民生活課長 河内 誠 様
   北陸農政局富山地域センター次長
                 奥村 茂 様
 富山市長代理・
      富山市消費生活センター所長
                 島田 勉 様
 2012年度の活動報告・決算と2013年度の各方針・予算並びに役員が提案決定されました。
■総会学習会
◇講 師  富山市消費生活相談員
                柴田典子 様
 「消費生活相談の現場から」のテーマで「消費生活センターとは」「相談事例から」を日々市民の皆さんから様々な相談を受け対応されている柴田相談員より、相談結果等も交えご講演頂き、参加者から「とても現実的で話が聞きやすく、参考になりました。配布された“くらしの豆知識本”を手に、ありがたい!読んで廻りの方にも教えてあげたい。」との感想を頂きました。
PageTop
No1-2平成25年6月18日
■食品安全に関するセミナー ~これからの食品安全対策について~
     【主催 富山県厚生部】

◇月日 6月12日(水)                
◇会場 県民会館
◇参加者 101名
     (生協より8名、消団連より3名)
◇演題 「食品衛生に関する国の対策について」
「BSE対策の見直しについて」
「県の食品安全対策について」
 国及び県行政の新たな施策について分かりやすく解説・食品の安全性確保についての意見交換会に参加しました。

PageTop
No1-1平成25年6月18日
■平成25年度第1回「くらしの安心ネットとやま」情報交換会
     【主催 富山県消費生活センター】

◇月日 6月5日(水)               
◇会場 サンフォルテ
◇参加者 35団体機関
       (45名内生協連1名、消団連1名) 
 昨年度相談の概要及び最近の相談事例報告・活動報告の後、県社会福祉協議会・日本司法支援センター(富山地方事務所)・滑川市・黒部市の担当者の方々より事例報告をされました。今年度の事業計画が提案され、消費生活専門相談員資格取得直前対策講座の案内も有りました。
PageTop
ページの先頭へ
ホーム サイトポリシー
 Copyright(C) 富山県生活協同組合連合会All Rights Reserved.
〒930-0857 富山市奥田新町8番1号 TEL076-433-0731 FAX076-433-0774